解決率92.9%の誹謗中傷、不運用被害対策センター。ネット上に痕跡を残しません

メソッドのネット被害対策-個人情報の流出も解決

ネットによる個人情報流出は、スマホやSNSの普及によって多様化、かつ巧妙化してきています。個人情報の流出リスクも拡大しているので、困った事があればメソッドなどのプロに相談しましょう。

ネットで個人情報が流出

暗い中でキーボードを叩く手

ネットによる個人情報の流出は、現在とても身近な事になってきました。 手軽に投稿できる2chやTwitterの普及や、スマホを通じてのウィルス感染による個人情報の漏洩も増えてきています。 ここでは、ネットの個人情報流出リスクと、解決策について紹介します。

自分の名前で検索して、個人情報が流出していないか確認する

ネットによる個人情報の流出は本人が自覚をしていないケースもよくあります。 GoogleやYAHOO!などの検索エンジンで一度自分の名前を検索してみましょう。 よくある名前の方は、お住まいの地域や生年月日、勤務先や学校なども含めてネット検索してみるとよいでしょう。 名前が出てくるだけであればまだ良いですが、中には住所や電話番号だったり、悪口や日常的な出来事を知らない所で勝手にネットで書き込まれている事もあります。 個人情報の流出や、悪い評判による風評被害は放っておくと深刻な事態に発展するリスクがあるので早めに対処しましょう。

電子マネーやオンライン決済の普及による個人情報流出リスクの向上

近年では、必要な物があったらショッピングサイトやネットオークションで手軽に買い物ができるようになりました。 ネットで買った方が店頭で購入するよりも安い商品も多く、一度はネット上のオンライン決済をした経験を持っている方も多いでしょう。 こうした時代の背景もあり、ネットによる個人情報の流出リスクは非常に高まっています。 最悪のケースでは、クレジットカード情報が流出して、知らない所でお金を使われてしまう事もあります。 ネットによる個人情報の対策は、近年では会社だけではなく、個人の方もしっかり向き合う必要性が高まってきました。

悪質化するネット犯罪

最近ではLINEやTwitterのアカウント情報が流出し、乗っ取られて友人・知人にネットプリカなどの購入を促す犯罪が社会問題になっています。 さらにネット犯罪は悪質化していて、スマホのウィルスに感染すると、パスワードの更新指示が表示されて、そこで既存のパスワードを入力するとアカウントが詐欺業者に渡ってしまう事例などもあります。 こうした個人向けの犯罪はもちろん、法人のホームページをターゲットにしたハッカー攻撃なども巧妙化してきています。 ネット犯罪を予防する対策を取る事はもちろん、万が一被害にあってしまった場合は、すみやかにプロの専門家に相談するようにしましょう。

困った事があればメソッドなどのプロ業者に相談

メソッドのようなシステム開発やSEO対策を専門にするIT企業は、近年ネット被害の対策やトラブル解決にも力を入れています。 法人・個人を問わず、困った事があった時には早めにプロに相談して対処するようにしましょう。

完全無料非通知OK即日対応

24時間受付中
資料請求・問い合わせ

まずは無料でご相談ください。
業界唯一のプライバシーマーク取得会社。秘密・プライバシーは厳守します。

METHODの
誹謗中傷・風評被害対策

  個人様のお客様

  企業のお客様