解決率92.9%の誹謗中傷、不運用被害対策センター。ネット上に痕跡を残しません

サジェストとは?予測検索に対する風評被害対策

サジェスト(予測検索)機能によって、会社名を入力しただけでネガティブなワードが出てしまう問題は風評被害対策専門業者のメソッドへ相談しましょう。

サジェストによる風評被害

キーボードを検索するとサジェストが表示される

ネット用語としての「サジェスト」とは予測検索予測ワードの事を指します。
GoogleやYAHOO!などの検索エンジンは、過去の検索ワードとして調べられた事例を元に予測検索ワードの表示をしています。
例えば上場企業の場合は、その会社の株価などを検索する人が多い事から、会社名を入れると

○○会社 株価
○○会社 業績

などのサジェスト(予想検索)が表示されます。
他にも、その会社の主力商品やサービスなどが表示される事もあるなど、サジェストはとても便利な機能ですが、時にはそれが原因で風評被害が拡大してしまう事があります。
「ブラック」や「詐欺」などのネガティブな表現が表示されてしまうと、単純にその会社のホームページを閲覧しようとしたネット利用者が、サジェストからネガティブな情報記事を閲覧してしまいます。
重症のケースではサジェストでネガティブなワードしか表示されないケースなども出てきます。

サジェスト(予想検索)は連鎖反応を呼ぶ

サジェストは、その予測ワードをクリックした人が多いほど、上位表示されます。
最初は多くのワードが出てくるサジェストの下位表示だったとしても、その情報をクリックする人が増えればすぐにトップ表示されてしまいます。
重症なケースになると、他の補助ワードを付けて検索しているのに「もしかして ○○会社 ブラック?」などとネガティブな情報と検索エンジンが勘違いしてしまうケースもあります。

また、最初はネガティブな情報を閲覧する予定ではなかった方も、サジェストによって悪い情報を見ると、もっと他の情報がないか、ネガティブなワードで検索を始める傾向があります。
その結果、最初は「2ch」や「ブラック」などのサジェスト表示のみだったのが、「勤務時間長い」、「社内恋愛」、「離職率」などと様々なネガティブなワードがサジェストに表示されるようになってきてしまいます。
サジェストにネガティブな表現が表示されてしまった時は放置せずに、すぐに対処をする事が大切です。

ネガティブな情報は閲覧者が多い

風評被害対策としては逆SEO対策などが有名ですが、悪い評判ページの検索順位が下がっても、サジェスト(予測検索)でネガティブなワードが残ってしまうと意味がありません。
メソッドでは、こうしたサジェストを含めた風評被害を根本的に解決できるプロ集団です。
便利になったネット社会だからこそ、風評被害対策は専門業者のメソッドへ相談しましょう。

完全無料非通知OK即日対応

24時間受付中
資料請求・問い合わせ

まずは無料でご相談ください。
業界唯一のプライバシーマーク取得会社。秘密・プライバシーは厳守します。

METHODの
誹謗中傷・風評被害対策

  個人様のお客様

  企業のお客様