解決率92.9%の誹謗中傷、不運用被害対策センター。ネット上に痕跡を残しません

メソッドの風評被害対策~SNSが炎上した際の対処法~

企業や役員がSNSを利用してプロモーションをする事は、広告効果が高い事ですが、炎上リスクを踏まえて投稿内容を選ぶ必要があります。SNSが炎上したらすぐにメソッドに相談しましょう。

SNSの炎上

SNSが炎上しているイメージ画像

近年では、企業や会社役員がLINETwitterフェイスブックなどのSNSのアカウントを利用して、会社のプロモーションをする事が増えてきました。
SNSによる宣伝は、多くの閲覧者を獲得できるメリットがありますが、ときにはSNSが炎上してしまう事があります。

不正・業績悪化・スキャンダルに対してのSNSの反応

会社のネガティブなニュースは、新聞やIR情報などで発信される事がありますが、閲覧者はその不満をぶつける事ができません。
その捌け口として、会社のSNSにネガティブなニュースを見た閲覧者が殺到して、不満や文句の内容の投稿をおくります。
常にSNSから、消費者や従業員の声を聞ける窓口を作っておく事は悪い事ではないですが、時にはSNSが原因で話が大きくなってしまう事があります。

景気が良い話も株主から不満の声があがる

会社のPRや、役員の自慢なども含めて景気が良い話は自信を持ってSNSに投稿される方が多いです。
しかし、こうした景気が良い投稿をSNSで見た株主や従業員が

「もっと株主還元しろ」
「業績がたいしてよくないのに、経費削減を心がけろ」
「役員報酬をもらいすぎではないか」

などの不満の声をあげる事があります。
SNSはポジティブなニュースであれば、何でも投稿していいものではなく、投資家やOBなどの事も考慮していかないと炎上するリスクが高まります。

SNSが炎上すると、情報が拡散する

会社アカウントなどのSNSが炎上すると、すぐに2chや口コミ投稿サイト、掲示板などのSNS以外の所にも情報が拡散してしまいます。
ネット住民は「炎上」という話題が好きで、SNSが炎上するとその噂を聞いた会社に全く興味がない人まで訪問する傾向があります。
SNSの炎上は、投稿内容の削除やSNSを閉鎖すれば済む話だけではありません。

SNSが炎上した時の対処法

SNSが炎上した時は、SNSの中で弁解をしたり、投稿の削除、アカウントの停止をするだけではなく、メソッドなどのプロのネット風評被害対策業者に相談しましょう。
SNSは一度炎上してしまうと、他のSNSやネット掲示板など幅広く情報が拡散してしまいます。
SNSの炎上は、幅広いネット情報の監視や情報規制などを行って対処する事が必要です。
時間が経過すれば、忘れられるだろうと軽く考えてしまうと、数年経過しても炎上したSNSの経緯がネット上に残ってしまいます。

完全無料非通知OK即日対応

24時間受付中
資料請求・問い合わせ

まずは無料でご相談ください。
業界唯一のプライバシーマーク取得会社。秘密・プライバシーは厳守します。

METHODの
誹謗中傷・風評被害対策

  個人様のお客様

  企業のお客様