解決率92.9%の誹謗中傷、不運用被害対策センター。ネット上に痕跡を残しません

風評被害はメソッドへ~不正やスキャンダルの対策法~

不正やスキャンダルなどのネガティブな情報はネット住民が最も好みます。風評被害は拡大する前にメソッドなどの専門会社へ相談するようにしましょう。

不正やスキャンダルによる被害

不正やスキャンダルの流出に手が伸びる

ネットによる情報被害で多いのが「不正やスキャンダルなどのネガティブな情報の拡散」です。
ネット住民はこうしたネガティブな情報が大好きです。会社や従業員はこうした情報の流出リスクに注意しなければいけません。

ネットに流出した情報は、すぐに社内全体に広まる

不正やスキャンダルは本来は報告を受ける上司と会社の上層部の中で留めておくべき情報です。
しかし、一度ネットで流出してしまうと、一般社員に知られてしまい、そこから噂が広まると社内全体に知られてしまいます。
噂を聞いた社員は、すぐにその情報を確かめる為、ネットで流出した情報をチェックします。
ネットによる情報掲載がたった数日であっても、噂の流出スピードは非常に早くすぐに社内全体に広がってしまいます。

情報が原因で業績悪化や退職に追い込まれるケースも

ネットの情報は全てが正しい訳ではなく、時には風説の流布や、ある事ない事で話を大きく盛られてしまう事もあります。
一般常識では、2chSNSなどの情報は信用できないと言われていますが、実際に悪い評判を見た閲覧者は「所詮、ネットの情報」と簡単に済ませてはもらえません。
会社の不正がネットに出回ってしまうと、取引先からの評価を大きく落として業績悪化に繋がりますし、不倫などのスキャンダルでは上司に呼び出されて真相を問われてしまいます。
いくら本人が弁解しても、ネットの情報による誤解を理解してもらう事は難しいです。
実際にネット情報が原因で倒産退職に追い込まれるケースは珍しくなく、自己防衛の為にもネット情報の管理や流出予防は現代社会の大きなテーマになっています。

ネガティブな情報は閲覧者が多い

ネット検索をすると、ページのタイトルや簡単な内容が一覧表示されます。
その中で次のような検索結果が出たとします。

・A社は業績が伸びていて社内の雰囲気も最高
・A社は詐欺まがいの売り込みをしていて、過去には行政処分をくらっている。また従業員同士の不倫も慢性化

このようにポジティブな情報とネガティブな情報が出た時に、多くの人はネガティブな情報に興味を惹かれます。
仮に、会社の検索ワードでネガティブな情報が下位表示されていたとしても、ページを開かれる確率が高くなってしまいます。
また、検索エンジンにはサジェスト(予想検索)機能がついている為、余計に悪い噂のページ閲覧リスクが高まってしまうデメリットがあります。

風評被害にお困りならメソッドへ

こうした不正やスキャンダルなどのネガティブな情報が出てしまった時は、少しでも被害が拡大する前に対策を講じる事が必要です。
メソッドではネットによる風評被害対策を得意にしている専門会社です。
もし風評被害に困っている会社や個人の方がいましたら、なるべく早くメソッドなどの専門業者へ相談しましょう。

完全無料非通知OK即日対応

24時間受付中
資料請求・問い合わせ

まずは無料でご相談ください。
業界唯一のプライバシーマーク取得会社。秘密・プライバシーは厳守します。

METHODの
誹謗中傷・風評被害対策

  個人様のお客様

  企業のお客様