解決率92.9%の誹謗中傷、不運用被害対策センター。ネット上に痕跡を残しません

風評被害がもたらす多大なリスク

他社のせいで印象が悪くなったり従業員の悪ふざけで風評被害が巻き起こったりします。

ブランドイメージ・売上・企業生命に直結するリスク

ビルの白黒画像

風評被害に巻き込まれると企業は多大な損害を被るでしょう。 ブランドイメージの低下、売り上げの低下、雇用機会の損失などが考えられます。 こうした風評被害の事例を見ることで、より具体的なイメージを持つことが出来るはずです。

スーパーと農薬の事例

例えば、とあるスーパーの野菜から農薬が検出されたとしましょう。 マスコミにより大袈裟なニュースにされれば、農薬を危険視した主婦が購買を控えるようになります。 農薬を付着させたのが農家であっても、スーパー側が危険と認知されてしまえば、これも風評被害と言えます。

ネット上での風評被害では、2chや転職サイトなどに悪評が書かれるパターンがあります。 悪評があるのを仕方ないと考えてしまう人も居ますが、今すぐ見えない損失がたくさん発生しています。 転職サイトに最低評価を付けるレビューが乱立していれば、就職を希望する人が大幅に減ってしまうでしょう。 こうした悪評は同業他社であるライバル会社が書き込みを行っているケースもあるので、見つけたら削除する必要があります。

組織内部の人間が意図せずして原因を作ってしまう

また近年では、アルバイトの高校生が食器洗浄機の中に入っている画像をSNSへ投稿し、不衛生だと店側にクレームが寄せられる事件がありました。 食器洗浄機を丸ごと交換して営業を再開したにも関わらず、不衛生の印象を消し去ることが出来ずに閉店に追い込まれたのです。 明確な証拠があったので致命的でしたが、これが文字だけの書き込みであっても炎上している可能性は十分にあります。 文字だけだからと言って甘く見てはいけないのです。

他にも、yahooやGoogleで社名を検索した時に、ブラック企業が入力補助ワードになっているかもしれません。 会社のホームページよりも2chのページが上位に表示されていることもあるでしょう。 そうなれば会社のイメージが悪くなり、やはり雇用の損失や新しいビジネスのチャンスが消えてしまっています。 新規の取引先の相手が社名を検索した際に、悪質なデマが書かれたサイトを見るのはデメリットでしかないのです。

社員を大切にし、真摯な姿勢で商売やサービスを行っていると自負していても、風評被害は起きてしまいます。 真実っぽく感じる情報は、真実として認知されてしまうのが風評被害の恐ろしさです。 会社の売れ行きが悪い、新しい人材が入って来ない、そうした悩みはネットの書き込みを削除することで解消出来るかもしれません。 社名を検索して悪質な嘘が書かれていないかチェックし、風評被害を最小限に抑えるようにしましょう。

完全無料非通知OK即日対応

24時間受付中
資料請求・問い合わせ

まずは無料でご相談ください。
業界唯一のプライバシーマーク取得会社。秘密・プライバシーは厳守します。

METHODの
誹謗中傷・風評被害対策

  個人様のお客様

  企業のお客様