解決率92.9%の誹謗中傷、不運用被害対策センター。ネット上に痕跡を残しません

自分ではどうにも出来ない天災による風評被害

原発の放射能による風評被害や偽物の温泉などが天災による風評被害になります。

天災と風評被害との因果関係

嵐の雲

風評被害の根本にあるのは基本的に人の悪意です。 根拠の無い悪口や真実を偽るニュースによって風評被害は起きてしまいます。 ですが、時には自然が巻き起こす天災による風評被害もあるのです。

自然は人間の思い通りになりません。ある意味、受け入れなければならない現象だと言えるでしょう。 しかし、風評被害が起きているのにそれを受け入れることは必要ないのです。 天災により風評被害が起こったら、それに対してしっかりと対処しなければなりません。

深く印象に残った事例

まず、天災による風評被害の代表格として、原発事故による放射能の影響が挙げられます。 東日本大震災では原発の事故により汚染が拡大しました。 そのため、福島産の食べ物が売れなくなってしまったり、福島県出身の人に対して差別<が行われたりしたのです。 にも関わらず、福島産の物はすべて放射能に汚染されていると過剰に騒ぐ人は一定数存在しました。 これにより失業した人や倒産や閉店になった企業があるのです。 記憶に新しいこの災害を思い返せば、風評被害の重さがイメージ出来たでしょう。 事実と異なっていても、風評被害が広がれば致命的な経済的ダメージを受けてしまうのです。

観光地にある温泉の風評被害も記憶に新しいでしょう。 とある旅館が温泉に普通の水道水を使っている問題が浮上し、周辺の旅館は予約キャンセルが相次ぎました。 実際に湧きだした温泉水を使用していても、風評被害は回避出来ないのです。

ネットだからこそ、劣化しない情報

風評被害は強い損害をもたらしますが、それは永遠に続く訳ではありません。 時間と共に印象は薄れて行きますので、つらい時期を乗り切れば光は見えて来るでしょう。 しかし、ネットには時間による劣化がありません。 ネットで原発や温泉のことを検索すれば、こうした風評被害が蒸し返されてしまいます。

だからこそ、ネットにある事実無根のニュースや記事は削除しておく必要があるのです。 放置していると、いつまで経ってもネットに残り続けます。 2chや口コミサイトは膨大で、一つ一つ削除依頼していくのは莫大な労力を費やさなければなりません。 管理人と連絡が取れないケースや削除依頼が却下されてしまうケースも珍しくないでしょう。

そうした時は、風評被害のプロに頼るのが一番です。 情報が残り続けるのを避けるには、一つずつ風評被害の原因を削除していくしか無いのです。 自然現象による被害だからと言って、すべてを諦めてはいけません。 風評被害は人間の手によって静められるのです。

完全無料非通知OK即日対応

24時間受付中
資料請求・問い合わせ

まずは無料でご相談ください。
業界唯一のプライバシーマーク取得会社。秘密・プライバシーは厳守します。

METHODの
誹謗中傷・風評被害対策

  個人様のお客様

  企業のお客様