解決率92.9%の誹謗中傷、不運用被害対策センター。ネット上に痕跡を残しません

マスコミにより事実でない報道をされ風評被害に遭うことも…

マスコミは真実ではなく注目を集める記事やニュースを扱うのでいつどこで風評被害に合うか分からないのです。

真実とは違う報道の影響力

新聞

証拠を集めて多くの人々へ真実を報道する、それが表向きのマスコミです。 しかし、これはそうであって欲しいと願う願望に過ぎません。 すべてがそうだとは断言出来ませんが、多くのマスコミは注目を集めるニュースを扱っているのです。 誰かへ真実を伝えるためではなく、視聴率や週刊誌の売れ行き、閲覧数を稼ぐという仕事で行っています。 そのため、時に真実が捻じ曲げられて報道されてしまうことがあります。

何か事件や事故があっても、それが正しく世間へ伝わるかは保証されていません。 真実しか書かれていなくても、世間に悪印象を与えるように情報を操作していることすらあるのです。 マスコミの信用度が無いことは、たびたび明らかになる不祥事で明らかでしょう。

あなたに関わる情報が、誤った報道をされてしまったら

もしもあなたが個人で飲食店を経営、または社員として働いているとしましょう。 そこへ、個人が運営する飲食店は衛生管理が不十分で危険、というニュースが流れたらどうでしょうか? 食中毒が起こらないように衛生管理をしっかり行っているにも関わらず、こうした報道がされれば傷付くはずです。 また、大抵の場合は名前すら明かされない謎の人物に聞いた話をニュースや記事にしています。 本当に取材して得た情報で、証拠の裏付けがされているのか怪しいものです。 しかし、そうした情報の信憑性は度外視で、世間一般の人はニュースを信じてしまいます。 多少は疑う心があっても、何かのきっかけでニュースや記事になっていたことを思い出すでしょう。 それは口コミで徐々に広がって行き、結果的にお店が閉店する危機に陥るのです。

マスコミは真実ではなく、注目が集まるニュースや記事を必要としています。 世間の不安を煽るように印象を操作することもあるため、風評被害を受ける側としては害悪でしかないでしょう。

起きていることに気づかない場合もある

自分のお店や会社が批判されていなくても、より大きなくくりの記事で風評被害が生まれているかもしれません。 東京の○○区にある不動産屋はほとんどが暴力団と繋がっている、という情報が出ている危険性はあるのです。 これを見た人が信じた結果、この区にある不動産屋の売り上げが下がれば風評被害でしょう。

爆発的な広がりを見せるものは耳や目に入って来るかもしれませんが、比較的小規模なものは気付くことが出来ません。 風評被害を受けているのに気付けない、そんな事態が現実に起こっている可能性があります。 そうした風評被害を防ぐには危機管理対策をしっかりと行い、確実に脅威を削除する手段が必要なのです。

完全無料非通知OK即日対応

24時間受付中
資料請求・問い合わせ

まずは無料でご相談ください。
業界唯一のプライバシーマーク取得会社。秘密・プライバシーは厳守します。

METHODの
誹謗中傷・風評被害対策

  個人様のお客様

  企業のお客様