解決率92.9%の誹謗中傷、不運用被害対策センター。ネット上に痕跡を残しません

経済的な被害を被ることもある風評被害とは?

風評被害は経済的な損失を受ける場合のことで売れ行きが落ちたり雇用機会の損失が考えられます。

一度広がれば経済的影響は計り知れないネットの噂

マイナスの折れ線グラフ

人のうわさは時に恐ろしいダメージを企業に与えます。 事実ではないうわさによって、致命的な痛手を負う事例は数え切れません。 最悪の場合は倒産や閉店に追い込まれてしまうケースもあるので、笑ってばかりも居られないでしょう。 精神的苦痛を負う誹謗中傷と違い、風評被害は経済的に大きな被害を受けてしまうのです。

消費者は見ている

こうした風評被害をはっきりと感じることもあれば、じわじわと真綿で絞められるようにダメージを受けることもあります。 風評被害が表沙汰になるケースとして、マスコミの報道が考えられます。 例えば、誰もが知っているファミレスで殺人が起こったとしましょう。 それが大々的に報道されると、そのファミレスは危ない場所と判断されるようになります。 そうなると消費者は何となくファミレスへ行くのを控えるようになってしまいます。 売り上げが下がり経済的な損害を受けたら、それは風評被害となるのです。

ネットでの風評被害も深刻です。 2chなどの掲示板に会社の根も葉もないうわさを書かれれば、それを真に受けてしまう人は存在します。 また、実際に問題を起こした会社名と似ているだけでも被害を受ける場合があります。 完全なとばっちりですが、風評被害の一種と呼べるでしょう。

未然に防ぐには

書き込みが少数であっても事実無根なら放置するのは得策ではありません。 何をきっかけに風評被害が広がるかは分からないのです。 不買運動などを起こされて売り上げが激減してしまうリスクは、完全に排除するように心掛けましょう。 また、売り上げ以外にも多くのリスクが潜んでいるのです。 例えば、口コミサイトにひどいブラック企業だと書き込まれたり、商品が最悪だったと書かれたりするケースがあります。 まったくのデタラメだったとしても、会社へ入社することを考えている人が見れば警戒心を持ってしまうでしょう。 商品を買おうと思っていた人も同様で、慎重な判断を下すようになります。 さらには他社からの仕事の発注が減ることすらあり得るのです。 そうなれば現状を維持出来ていても、長い視野で見れば会社は暗い道を歩んでしまいます。

ライバル企業や元社員によるネガティブな書き込みも確認されており、これらは非常に悪質な風評被害を巻き起こします。 すべてが嘘ではなく一部に真実を混ぜられており、信憑性が高いと判断されがちなのです。

ネットに書き込まれた内容は一瞬で世界に広がります。 悪いうわさなら、さらに口コミで拡大して行くでしょう。 風評被害を避けるためには、問題が起こる前から対処しておくことが肝心です。

完全無料非通知OK即日対応

24時間受付中
資料請求・問い合わせ

まずは無料でご相談ください。
業界唯一のプライバシーマーク取得会社。秘密・プライバシーは厳守します。

METHODの
誹謗中傷・風評被害対策

  個人様のお客様

  企業のお客様