解決率92.9%の誹謗中傷、不運用被害対策センター。ネット上に痕跡を残しません

誹謗中傷を放っておくとリスクが伴う?!

誹謗中傷を放っておくと就職が決まらなかったり人間関係が壊れてしまったりします。

手遅れになる前に!誹謗中傷の恐ろしいリスク

たくさんの座っている人の足

ネット上で誹謗中傷を受けた時、無視して居れば良いと考えているなら危険かもしれません。 誹謗中傷を放っておくと、人生の大切なタイミングに最悪の事態になり兼ねないのです。 ここでは誹謗中傷の書き込みを放置するリスクについて紹介します。

学生が被るリスク

まずは学生が受ける誹謗中傷のリスクです。 学校では悪口が飛び交っているのではないでしょうか? もちろん、冗談半分であったり、お互いに笑い合えるようなものであったりもするでしょう。 ですが、中には陰湿で悪質な悪口も混ざっていることがあります。 それが学校内だけには収まらず、ネット上で行われてしまうと非常に危険です。

例えば2chや裏サイトのような掲示板に、本名や顔写真を公開されて誹謗中傷を繰り返される場合です。 こうなってしまうと、本人が気付いてもどうしようもありません。 周囲の誰が誹謗中傷を行っているのか分からず、視線が怖くてつらい想いをするでしょう。 大抵の人は無視してやり過ごす選択肢を取るはずです。 しかし、これが後々になって厄介な問題になってしまう恐れがあるのです。

進学したり就職したりして、別の学校や職場へ移ったとしましょう。 その際、名前を検索されてしまうと誹謗中傷の過去が明るみになってしまうのです。 誹謗中傷の内容に、事実と異なる嘘が混じっていたとしても、それを鵜呑みにされる危険性があります。 触れられたくない過去が、いつ誰に掘り返されるか分からないのです。 これにより友人関係や職場の人間関係が急激に変わるリスクが潜んでいます。

社会人が被るリスク

大人になっていても、この誹謗中傷を放置するのは避けるべきです。 会社の金を横領していた、もしこのような誹謗中傷を本名と一緒に公開されていたらどうなるでしょうか? 仕事を探している時に、ネットで名前を検索されたら見つかってしまうかもしれません。 そうなれば会社の人事担当者はどう考えるか想像出来るはずです。 変なうわさがある人は採用を見送るようにしよう、と考えるのが自然でしょう。 どんなに真面目に働いていても、根拠の無い誹謗中傷が猛毒のごとくじわじわと広がってしまうのです。

人間は時に残酷です。 真実かどうか分からないのに、誹謗中傷は繰り返されます。 そうした誹謗中傷には尾びれや背びれが付いて収集が付かなくなることも良くあります。

誹謗中傷を放っておくと、様々なリスクが生まれてしまいます。 部屋を賃貸出来ない、就職が決まらない、人間関係が壊れてしまう、他にも無数のリスクがあるでしょう。 ネットの誹謗中傷は、黙っているだけでは消えません。 ずっと残り続けているのです。

完全無料非通知OK即日対応

24時間受付中
資料請求・問い合わせ

まずは無料でご相談ください。
業界唯一のプライバシーマーク取得会社。秘密・プライバシーは厳守します。

METHODの
誹謗中傷・風評被害対策

  個人様のお客様

  企業のお客様