解決率92.9%の誹謗中傷、不運用被害対策センター。ネット上に痕跡を残しません

事実無根の誹謗中傷を受ける恐れのある現代社会

事実無根の誹謗中傷が、裏掲示板などに書き込まれてイジメが行われています。

文句が言えればそれでいい!事実無根の中傷をする側の心理

悲しみにくれる少年の背中

誹謗中傷の特徴として、事実かどうかは関係ないという研究結果があります。 これは非常に恐ろしいことです。

まず誹謗中傷をしている人は、相手をバカにして貶めることが出来れば満足なのです。 つまり誰かをバカにする行為により、自分は大丈夫、この人よりかはマシ、そう感じて優越感を得ています。 そのため誹謗中傷の相手は徹底的に弱く、もしくは社会的に反する存在で無ければなりません。 そうした理由で事実無根の誹謗中傷が行われるのです。

転校しても逃れられないイジメ

学校では表立ったイジメよりも、教師や保護者が把握しにくい裏掲示板などで誹謗中傷が繰り返されています。 何か喋るたびに掲示板に書かれ、まったくのデタラメでバカにされるようなイジメは現実にあります。 特定の誰かをイジメるのは、加害者にとっては優越感を感じる遊びでしかないのです。 近年では小学生がスマホを持つ時代になっています。 LINEなどによるイジメも深刻化しており、謂れ無き誹謗中傷はとても身近な存在でしょう。

インターネットは世界中に繋がっています。 一昔前であれば、学校や職場を変えることで誹謗中傷から逃れることが可能でした。 しかし、現代では転校や転職してまでも、誹謗中傷が継続する場合が存在するのです。 ネットの利便性が悪い方向に働いてしまった、非常に悲しいケースだと言えます。

ネット上で行われるイジメは、ネットリンチサイバーリンチと呼ばれています。 物理的なイジメではないため、加害者側も調子に乗りやすく、安易な気持ちで加担してしまう人が増えているのです。 ガス抜きとして日常生活のストレスのはけ口にしている人も居ますし、陰口を書き込むタイプも居ます。 こうしたケースは一時的なもので済むことが多いですが、問題なのはネットをイジメに利用するタイプです。 このタイプは最初からイジメを行うことが目的なので、個人情報や盗撮した画像をアップする傾向があります。

ネットリンチは学生だけの現象ではない

社会人になってからもSNS等で誹謗中傷されるケースは少なくありません。 いずれにしても現代社会を快適に生き抜くには、誹謗中傷に対する知識をしっかりと備えておくことが大切です。

誹謗中傷による名誉棄損は親告罪のため、被害者が声を出さなければ捜査さえ行われません。 しかし、警察を頼っても反応はイマイチです。自殺や重たい被害が出ないと動いてくれないでしょう。 弁護士は親切に対応してくれますが、高額な報酬が必要で経済的な負担は避けられません。 そこで利用したいのが誹謗中傷などの悪質な書き込みを削除するサービスです。 誹謗中傷の対処方法を知っているだけで、心の重さは変わって来ます。 悪質な書き込みを削除するサービスがあるのを覚えておいてください。

完全無料非通知OK即日対応

24時間受付中
資料請求・問い合わせ

まずは無料でご相談ください。
業界唯一のプライバシーマーク取得会社。秘密・プライバシーは厳守します。

METHODの
誹謗中傷・風評被害対策

  個人様のお客様

  企業のお客様