解決率92.9%の誹謗中傷、不運用被害対策センター。ネット上に痕跡を残しません

誹謗中傷の定義とは?例をあげて解説します

根拠の無い浮気や不正を疑われたり、容姿や言動を否定されたりしたら、それは誹謗中傷となります。

ネット上での誹謗中傷の定義

スマートフォンを持つ女性

誰しも、他人から悪口を言われて傷ついた経験があるのではないでしょうか? 悪口を言われて気分が良くなる人はいません。 人によっては心に深い傷を残すこともあります。

そんな悪口は、公的な場では誹謗中傷と呼んでいます。 誹謗中傷と言うと難しく感じますが、これは他人の悪口を言うことです。 そんな誹謗中傷ですが、インターネットが普及し情報社会となった現代では非常に大きな問題となっています。

ブログやツイッターなどのSNSをやっていて、面識の無い第三者から誹謗中傷をされたことはありませんか?

根拠の無い憶測や推測で悪口を書かれたり、人格を否定する書き込みをされたりしていたら、それは間違いなく誹謗中傷です。 容姿をバカにするもの言動をあざ笑うようなものも誹謗中傷と判断されます。

また、浮気をしている、会社で不正をしている、学校でカンニングを行った、などと言われるのも誹謗中傷となります。 事実とはまったく異なることであっても、このような誹謗中傷はネット上で拡散されてしまいます。

まったく関係ない第三者まで批判を始めネットが炎上状態になることさえあるのです。 真実であるか、証拠があるか、そうしたことをすべて無視して誹謗中傷が行われてしまうのが、現代ネット社会の怖いところです。

こうした誹謗中傷は決して些細な問題では無いのです。 インターネットで拡散してしまった誹謗中傷は簡単に抹消出来ないため、長い期間に渡って被害者を苦しめています。

執拗な誹謗中傷に心を病んでしまう人や、周囲の人の目が気になり外出が怖くなる人も居ます。

謂れ無き誹謗中傷により人生が狂ってしまうことは、絶対にあってはなりません。

しかし、現実では誹謗中傷が止むことなく、モラルの欠如した発言が繰り返されています。 誹謗中傷を行う人は、そんなつもりは無かった、いちいち気にし過ぎだ、と言うかもしれません。

ですが、それは加害者側の言い分であり、正当性は皆無です。 何を言おうと誹謗中傷をしている方が悪いのです。

精神的苦痛を受けて悲しみの涙を流していませんか? 泣き寝入りしてはいけません。 つらい想いをした人が我慢しなければいけないなんて、許されて良いはずがありません。 ネットに書き込まれた誹謗中傷を削除して、悪質な犯人が居るなら特定して罰を与えるべきです。

対策には専門家の力を借りましょう。

そしてこれは、1人で行ってはいけないのです。 1人で対処していると、傷付いた心をさらにボロボロにしてしまいます。 誹謗中傷の対処に慣れている人のサポートを受けるようにしましょう。

完全無料非通知OK即日対応

24時間受付中
資料請求・問い合わせ

まずは無料でご相談ください。
業界唯一のプライバシーマーク取得会社。秘密・プライバシーは厳守します。

METHODの
誹謗中傷・風評被害対策

  個人様のお客様

  企業のお客様