解決率92.9%の誹謗中傷、不運用被害対策センター。ネット上に痕跡を残しません

法律だけでは解決が難しい誹謗中傷の問題

ネットの誹謗中傷を名誉棄損で訴えても負担が大きくなります。書き込みを削除して再発防止を行う方が賢明です。

法律では解決不可能?!ネット上の誹謗中傷

裁判所の画像

インターネットによる誹謗中傷の問題点として、法律だけで解決出来ない点が挙げられます。 そもそも誹謗中傷を行った場合、名誉棄損の罪に該当します。 他にもプライバシーの侵害等に当てはまれば、これも法律に違反する悪質な行為となります。

にも関わらず、ネットには名誉棄損やプライバシー侵害の誹謗中傷が溢れ返っているはずです。 なぜ法律に反する書き込みが溢れ返っているのでしょうか? 1つは膨大な数があり、取り締まりが進んで居ない実態があります。 さらには、名誉棄損やプライバシーの侵害かを判断するのが難しいのも誹謗中傷をのさばらせる一因になっています。

また、罰則が弱く訴訟を起こしてもデメリットの方が多くなってしまいます。 名誉棄損で訴えても、相当悪質なケースで無い限りは5万から10万程度の慰謝料しか奪えません。 弁護士の費用を考えれば大幅な赤字になることは間違い無いでしょう。

では、誹謗中傷を見つけたらすぐに削除するのが良いのでしょうか? 2chなどでは個人で削除依頼を出すことも可能です。 しかし、削除依頼を出すことによって、情報がさらに拡散して炎上する事例も確認されています。

じゃあ、どうしたら解決できるの?

名誉棄損で訴えるのもダメ、削除依頼を出すのもダメ、黙って受け入れるしかないと思うかもしれません。 ですが、希望を捨てるのは早いです。 法律が手厚く守ってくれなくとも、誹謗中傷に苦しむ人を助けるサービスは存在しているのです。 その1つが、株式会社メソッドが提供する誹謗中傷の削除サービスです。

依頼すれば2chを始め、各種SNSやニュースサイト、まとめサイトなどに記載された誹謗中傷を削除してくれるのです。 専門家が集まっているからこそ素早い対応が可能であり、手厚いサポートが行われます。 法律を利用する場合は、役所に削除依頼を出した後に、自分で消してくださいと連絡が返ってくることさえあります。 しかし、2chなどで削除依頼を行えば返って炎上させてしまいかねません。 だからこそ誹謗中傷の対処に慣れた株式会社メソッドのようなプロに依頼するのが確実なのです。 お役所仕事と一般企業のサービス、どちらが優れているかは比べるまでもありません。 法の整備が行き届いていないのは明白です。

2chの誹謗中傷、爆サイやホスラブへの性的な嫌がらせ、身勝手な誹謗中傷を消したいと思いませんか? 株式会社メソッドのサービスを利用すれば、早ければ1日で情報が削除されます。 事実無根の書き込みを削除して、嫌な思いを消し去りましょう。 株式会社メソッドでは、再発防止にも注力しているのでアフターケアも受けられます。 無料で相談出来るので、気になる人は連絡を取ってみてはいかがでしょうか?

完全無料非通知OK即日対応

24時間受付中
資料請求・問い合わせ

まずは無料でご相談ください。
業界唯一のプライバシーマーク取得会社。秘密・プライバシーは厳守します。

METHODの
誹謗中傷・風評被害対策

  個人様のお客様

  企業のお客様