解決率92.9%の誹謗中傷、不運用被害対策センター。ネット上に痕跡を残しません

誹謗中傷の首謀者を特定するためには?

IPアドレスの開示請求をすることから始めますがプロであるメソッドのサービスを頼る方が確実です。

一体誰がやったのか?首謀者の特定方法

指紋と虫眼鏡の画像

誹謗中傷した人が、周囲の人間の可能性は非常に高いです。 プライベートな情報や身の回りの出来事が書かれていたのなら、誹謗中傷している犯人が近くに居るのは確実でしょう。 書き込まれた内容にショックを受けつつも、誰が書き込んだのかと疑心暗鬼になってしまいます。

誹謗中傷を行った人を特定したいと思う人は少なくありません。 しかし、どうすれば首謀者を特定出来るのか、分からないのでは無いでしょうか?

まずは証拠を集めることから

一般的なやり方としては、まずは誹謗中傷を受けた証拠を集めましょう。 ネットに書き込まれたのであれば、そのサイトのスクリーンショットやテキストをコピーしてください。 いつの間にか削除されていれば、証拠不十分で警察は動いてくれません。 履歴を洗ってくれと頼んでも捜査してくれないでしょう。

確かな証拠を持ったら、警察署の刑事課へ被害届を出しに行きます。 ただし、明確な証拠があっても警察が動いてくれるかは未知数です。 なぜなら表現の自由という権利が存在しているからです。 さらに厄介なことに公益性を訴える可能性がある書き込みは、検挙に踏み切れないケースもあるのです。 また、誹謗中傷の場合は名誉棄損の罪状で動くことになります。 その場合に、被害者の一方的な言い分だけで行動するのは非常に高いリスクが伴います。 結果、事件性が無い誹謗中傷だと警察は助けてくれないのです。 精神的にどれだけ苦痛を味わっていても、それは事件とは扱ってもらえません。 それこそ自殺するまで警察は動かないのです。

警察に助けを求めたけれど、まだ解決していない…

さて、警察を頼るのが難しい場合は、民事で事件化するしかありません。 良くあるのは弁護士へ相談する方法です。 対処の第一段階として、誹謗中傷の書き込みを行った人のIPアドレスの開示をするように裁判所へ要求します。 裁判所の命令によりサイトの管理人がしっかり対応してくれると、すぐにIPアドレスから書き込んだ首謀者を特定することが出来ます。 しかし、いい加減なサイトの場合は管理人が対応せず、放置されるケースがあります。 ようやくIPアドレスを突き止めても、それがネットカフェの物であれば調査は難航します。

このように首謀者を特定するには莫大な手間が掛かるのです。 そこで利用したいのが株式会社メソッドのサービスです。 誰が、どこに、どんな書き込みをしたかを元に、書き込みを行った首謀者を特定してくれます。 費用がどの程度になるかは無料相談で確認してみましょう。

首謀者を特定すれば謝罪させることも可能ですし、これ以上の悪化を防止することも出来ます。 誹謗中傷の対処に適したメソッドは、つらい立場の人の味方なのです。

完全無料非通知OK即日対応

24時間受付中
資料請求・問い合わせ

まずは無料でご相談ください。
業界唯一のプライバシーマーク取得会社。秘密・プライバシーは厳守します。

METHODの
誹謗中傷・風評被害対策

  個人様のお客様

  企業のお客様