解決率92.9%の誹謗中傷、不運用被害対策センター。ネット上に痕跡を残しません

事実無根である風評被害への対策は株式会社メソッドへ

事実無根の情報は、優秀な会社や社員などに対して、それを良くわからない同僚や同業者が妬みとしてネットに書き込んでいます。これによる名誉毀損リスクは高く、早めにプロの業者に相談して対処しましょう。

事実無根の情報による名誉毀損

名誉毀損に悩む男性

掲示板SNSは、誰でも手軽に投稿できる特性から、時には事実無根の情報による名誉毀損被害を受ける事があります。

事実無根の情報は妬みによる原因がほとんど

なぜ、事実関係がない虚偽の情報がネットに書き込まれてしまうのか?それは妬みが原因の事がほとんどです。 例えば、次のような方が事実無根の情報をネットに流出させています。

  • 営業会社の同僚が、成績優秀な営業社員に対しての嫌がらせとして
  • 会社は儲かっているけど、従業員の賃金が安い場合に、従業員が自分の会社の悪口を大げさに書く
  • ライバル会社の従業員が、仕事を取られている腹いせとして
  • 上司へのゴマすりだけで出世した同僚への嫌がらせ

このように、売れている会社や営業マンなど、優秀な会社や人ほどネットで事実無根の情報による名誉毀損リスクが高くなっています。

名誉毀損のリスク

事実無根の情報は、その方の身近な同僚や取引先の方であれば、それが間違ったネット情報だと理解してくれます。 しかし、その会社に入社を検討しているリクルーターや、取引を検討している商談先の方から見れば、ネットで悪い評判を見つけると、鵜呑みにされてしまうリスクが高いです。 事実無根の事でも、それがネット拡散する名誉毀損のリスクは非常に高く、時にはそれが原因で会社が業績悪化して倒産したり、営業マンの成績が大幅に落ち込んだり、社内からのイジメに発展する事もあります。

事実無根のネット情報はタチが悪い

事実無根の情報を一度ネットに書き込まれてしまうと対処が非常に難しいです。 同様にネット上で、その情報が間違っている事を主張しても、こうした正しい主張をネット上で叩かれて火に油を注ぐ形になってしまう事があります。 一度、ネット拡散してしまうと、そのまま検索ワードの上位に表示され続ける事になってしまい、ネット情報の拡散が広がっていきます。 ネットによる事実無根の情報に歯止めをかけないと、それまで味方でいてくれた人達も「ネットの情報が正しいのではないか?」と疑問の目を向けられるようになってきます。 例え事実無根の情報であっても、軽く考えて無視するのではなく、専門業者に相談するなどして、名誉毀損となっている情報をネットから消してもらう等の対処が必要になります。 ネット上で都合が悪い情報を消したり目立たなくする事が得意な業者では、株式会社メソッドがオススメです。

完全無料非通知OK即日対応

24時間受付中
資料請求・問い合わせ

まずは無料でご相談ください。
業界唯一のプライバシーマーク取得会社。秘密・プライバシーは厳守します。

METHODの
誹謗中傷・風評被害対策

  個人様のお客様

  企業のお客様