解決率92.9%の誹謗中傷、不運用被害対策センター。ネット上に痕跡を残しません

株式会社METHODによるネット上のいじめや嫌がらせ対策について

ネット上のイジメや嫌がらせは、その手軽さから加害者側へ回る人も増加しています。現在ではこうしたSNSや掲示板での悪質な投稿を対策するメソッドのような専門業者に注目が集まっています。

ネット上での嫌がらせやいじめ

悩む女性

いじめや嫌がらせの形は、時代の変化とともにネット上へと場所を移してきました。 近年では、LINETwitterなどのSNSや2chなどの匿名掲示板を通じての、いじめや嫌がらせが当たり前になってきました。

ネットによって増加するイジメや嫌がらせの加害者

本来、イジメや嫌がらせというのは気が強いボスのようなキャラクターのごく一部の人のみが加害者になるものでした。 しかし、ネットによるイジメや嫌がらせが増えているのと比例して、加害者側に回る人も増加しています。 ネット上は匿名での投稿ができたり、当人へ面と向かわずに誹謗中傷できる事から、ネットが普及する前は加害者にならないような気が弱い方でも、ネット上では気が強くなって加害者側に回るケースが増えています。

ネットによるイジメや嫌がらせは24時間続く

ネットによるイジメや嫌がらせは、昼夜を問わず行われます。 本来は学校や職場でイジメや嫌がらせの被害にあったとしても、帰宅してプライベートの時間になれば開放されます。 しかし、ネットは時間を問わず利用できる為、就業時間や学校にいる時間などよりも夜間や休日が活発になります。 家にいてもネットによるイジメや嫌がらせは続きますし、被害者はこうした行為が気になって頻繁にスマホからSNSや掲示板情報をチェックしてしまうものです。 ネットによるイジメや嫌がらせは、被害者と加害者が顔を合わせる場所で行われるイジメや嫌がらせよりもタチが悪く、精神的に追い込まれてしまう性質を持っています。

ネットの匿名投稿は特定も可能

ネットのイジメや嫌がらせが多いのが2chどの匿名掲示板などによる投稿です。 匿名掲示板の投稿者は、投稿者が特定されないと思って強気な発言や虚偽による投稿を行っています。 しかし、悪質で犯罪性が高い投稿などはプロのネット被害対策業者に相談する事で、ある程度の情報を特定する事が可能です。 投稿者の詳細などの証拠を得る事で、必要に応じて名誉毀損などの犯罪として逆に圧力をかけるなど反撃する事ができます。 さらに、株式会社メソッドなどの専門業者であれば、誹謗中傷の書き込みを常時監視したり、投稿履歴を追跡する事などが可能です。 これは被害者だけではなく、会社側が従業員同士のイジメや嫌がらせが行われていないかを監視するツールとしても非常に評判がよいです。 ネットによるイジメや嫌がらせを受けた時には、諦めずに対策や反撃を検討するようにしましょう。

完全無料非通知OK即日対応

24時間受付中
資料請求・問い合わせ

まずは無料でご相談ください。
業界唯一のプライバシーマーク取得会社。秘密・プライバシーは厳守します。

METHODの
誹謗中傷・風評被害対策

  個人様のお客様

  企業のお客様