解決率92.9%の誹謗中傷、不運用被害対策センター。ネット上に痕跡を残しません

ブラック企業と情報が出回った時の風評被害対策

ブラック企業の情報が出回ると、会社はマンパワーを失うデメリットがあります。近年では些細な事でブラックと騒ぐ若手が増えていて、企業側がネットの風評被害対策に注力しています。

ブラック企業という情報が出回る

ブラック企業

企業が成長していくには、優秀な新入社員を採用していく事が必要不可欠です。
しかし、ネット求人が主流になった現在では「ブラック企業」という情報が出回って、企業が人員確保に苦戦するケースが増えてきました。

そもそもブラック企業とは

ブラック企業は本来は暴力団などの反社会組織と繋がりをもったり、違法行為を行っている企業の事を指す言葉でしたが、最近では次のような従業員の環境が悪い会社の事をブラック企業と呼ぶようになりました。

・長時間労働を強いられる
・残業代が支払われない
・給料が安い
・パワハラ、セクハラが行われている
・従業員が自腹を切る事が多い
・福利厚生がしっかりしていない

曖昧なブラック企業の定義

ブラック企業の定義には、「ここからがブラック」などといった明確な線引きがありません。
なかには、連日15時間労働を費やされて、時給換算をすると500円程度にしかならないような超ブラック企業もあれば、30分サービス残業が必要なだけでブラック企業と呼ばれている所もあります。
ここ最近では、ゆとり世代や悟り世代が社会に出て、些細な事でブラック企業と騒ぐ従業員も増えてきました。

ブラック企業のレッテルを貼られるデメリット

ネット上でブラック企業の情報が出回ってしまうと、応募を検討しているリクルーターから悪い印象を持たれます。
ネットで企業情報を調べたり、口コミ投稿サイトを参考に情報収集している中で、「ブラック企業」という情報が多いと、応募を躊躇ってしまう人が続出します。
その結果、企業は求人広告にいくら予算を費やしても優秀な人材確保ができなくなります。
新人が育たないと会社のサービス品質も悪化しますし、既存の従業員の負担も大きくなります。

結果的に、既存の従業員のモチベーションも下がり、「自分の会社はブラックなんだ」と勘違いして退職する人も増えていきます。
このように、ブラック企業のレッテルを貼られる事は、会社の最大の動力にもなっているマンパワーを失うデメリットがあります。

減少傾向にあるネットによるブラック企業の情報

2ch全盛期の時代に比べて、ネット上でブラック企業の情報は減少傾向にあります。
これは、2chの規制強化の影響もありますが、それぞれの企業がネットによる風評被害対策を強化している事も要因になっています。
現在では、メソッドをはじめネット上の風評被害を得意にする会社も増えてきて、正しく対処すれば、ネット上のブラック企業の情報は解消する事ができます。

完全無料非通知OK即日対応

24時間受付中
資料請求・問い合わせ

まずは無料でご相談ください。
業界唯一のプライバシーマーク取得会社。秘密・プライバシーは厳守します。

METHODの
誹謗中傷・風評被害対策

  個人様のお客様

  企業のお客様